洗顔前の蒸しタオルでふっくら柔らか肌に!メリットやデメリットを徹底解説!

私が行っているスキンケアは、蒸しタオルパックです。
これは、特に夜のメイク落としの前に行うのですが、温めたタオルを顔の上において冷たくなるまで待ち、その後クレンジングや洗顔を行うという方法です。
蒸しタオルでしっかりと毛穴を開かせてからクレンジングすることによってメイク汚れがしっかり落ちるので、その後の化粧水や美容液などがしっかり肌に浸透するようになり、ふっくら潤いのある美肌になれる効果が期待できます。

汚れをしっかり落とすことでその後のケアの効果が格段にアップ

蒸しタオルで毛穴を開かせた後でクレンジングを行うと、毛穴の奥のメイク汚れまでしっかりと落し切ることが出来ます。
毛穴の汚れがしっかり落ちると、その後の化粧水や美容液と言ったスキンケアをしたときのお肌への浸透が格段に良くなり、しっかりと美肌への成分をお肌にしみ込ませられるようになります。
化粧水や美容液の成分を無駄なくしっかり浸透させられるので、ケアをした後のお肌は内側からふっくら潤いとハリが出てきますし、最初にお肌を温めることによってごわつきも解消されて柔らかい質感のお肌になることが出来ます。
特に美容液がしっかり浸透するとお肌を乾燥からしっかり守ってくれるので、肌荒れやシワの予防にもつながるというメリットもあります。

蒸しタオルスキンケアをすることでお肌がふっくら若返った

以前は酷い乾燥肌で化粧のりも悪く、酷い時には粉を吹いたような頬になってしまうことが多くあったのですが、この蒸しタオル洗顔を行うようになってからはお肌に潤いが戻ったように感じられました。
毛穴の余計なものがすっきりなくなりお肌のごわつきが改善されると、いつものスキンケアでも以前よりしっかりとその効果が発揮されているのがわかります。
また、お肌全体に潤いがあるとお化粧のりもよくなりますので、メイクもとても映えるようになりますし、家にいてメイクをしなくてもお肌につやがあって若く見えるという嬉しい効果もありました。
すっぴんでもお肌がきれいになるとメイクもあまりしなくなり、それがまたお肌にとっていい効果になってどんどん肌の質感が良くなってくるのがわかります。
このスキンケアを始めたおかげでお肌が若返ったというのが一番嬉しいポイントです。

とにかく1週間は頑張ってみて欲しい

私もどうしても疲れてしまって蒸しタオルを作ること自体面倒な時があります。
でも、まずは頑張って1週間続けてみて欲しいです。
1週間だけ頑張れば確実にお肌が柔らかくふっくらするのが実感できますので、逆に面倒だからとさぼるのがもったいなく感じてきます。
また、帰宅したら面倒になる前にまず蒸しタオルをして洗顔してしまうというのも方法です。
洗面所などにあらかじめタオルや化粧水などのスキンケアグッズを置いて、目に入るようにしておくと忘れず簡単に続けられるのではないかなと思います。
一度ふっくらしたお肌になれたらキープしたいという気持ちになってくるくらい、本当にお肌の質感が変わるのが実感できると、それが続けるモチベーションになると思います。